弁護士は実績で判断

離婚調停の流れや法律事務所の選び方

離婚調停とは、夫婦で離婚の話し合いができない時に、裁判所に間に入ってもらい、離婚を進めることをいいます。離婚を申し立てた人を申立人と言い、申立てられた人を相手方とう呼び方をします。離婚をする時の離婚調停にはメリットとデミリットがあります。離婚調停を考えている人は、きちんと知ってから離婚をすすめるようにしましょう。
離婚調停の最大のメリットには、話し合いの合意で離婚する場合より、裁判所で取りきめ、書面により残ることになるので、強制執行の力を得ることができます。調停の書面で慰謝料や支払い方法、養育費を交わした場合、支払いを滞納した場合には、相手の生活状況にかかわらず、強制的に財産などの差し押さえをすることができます。話し合いでうまく離婚が進まない人は、間に調停委員が入ることでスムーズに離婚を進めることができます。
金銭的な問題や親権問題、財産分与などで問題が解決しない場合に離婚調停はとてもおすすめになります。離婚調停はデミリットもあり、調停は平日の昼間に行われていて月に1回の割合いで調停が進められていきますので、平日休みがなかなかとれない方や、短期間で話し合いが終わらなくて、精神的に疲れ、体調を崩す人もいるようです。

離婚調停は第三者による仲介を求める制度

離婚する時は、様々なトラブルが両者間で起きる事が多く、両者間で話し合いをしても解決出来ないケースや、話し合いすら相手としたくないなどの場合は、離婚調停を行いトラブルなどの解決を目指します。両者間だけの取り決めと違い、裁判所が関与する離婚調停で決まった事は、守らないと法的な効力を執行する事も可能になります。
離婚調停の流れには、離婚する両者の間に調停委員が入り、双方の意見を聞くというものがあります。調停委員は非常勤の裁判所の職員で、公平な立場から両者の話を聞いて、解決する為の流れを考えていきます。こうした離婚調停を行う場合、有利に流れを進める為には弁護士を付ける事が一つの方法です。自分だけで離婚調停の対応をする場合、伝えたい事が言えなかったり、話の流れに飲まれ理想に反した結果になるなどがありますが、弁護士に依頼する事で、これらのデメリットの解決に期待出来ます。
弁護士を選ぶ時のポイントは、離婚問題を得意としている法律事務所か、ネット上のホームページなどを利用して、実績などを確認するのがおすすめです。また、依頼内容や法律事務所の場所、費用形態など目的別に探せるサイトがあるので、色々な方法で探しながら情報を集めていくと、自分に合った法律事務所が探し易くなります。

MENU

2017/08/24
離婚調停への参加は強制ではないを更新しました。
2017/08/24
弁護士は実績で判断を更新しました。
2017/08/24
調停委員にはなるべく好印象を持ってもらおうを更新しました。
2017/08/24
離婚調停には入念な準備をすることを更新しました。