離婚調停には入念な準備をすること

円満離婚以外の離婚方法

離婚調停とはあまり日常的に使用する言葉ではないので耳馴染みがない人も多いのではないでしょうか。離婚調停は夫婦が離婚を前提とした話し合いが出来ない場合や、なかなか話し合いが進まない場合に裁判所に間に入ってもらうことで離婚をするのか、離婚の条件などを話し合う為の手続きということが出来ます。
離婚調停の正式名称は夫婦関係調整調停と言って、離婚をしたい夫婦だけではなく、円満を目指すケースも指すのですが夫婦関係調整調停の中でも離婚を望んでいるケースを指して通常は離婚調停と言います。離婚調停を申立てた人を申立人、申立てられた人を相手方と呼び、これは夫婦のどちらからでも申し立てをすることが可能です。離婚調停にかかる費用は申し立て手数料1200円をはじめとして調停調書謄本(省略謄本)、交通費、コピー代などが必要となります。調停の期間や揃える必要書類などによっても異なりますが弁護士に依頼しないで自分で申立てを行う場合は交通費を除くと費用は5000円程です。
ただし弁護士に依頼するとその料金はかなりかかります。あと離婚調停が行われる場所は家庭裁判所の本庁、支部、出張所などで、調停の当事者が裁判所の庁舎に足を運んで調停を行います。ですが刑務所で受刑中といった特殊なケースでは裁判所関係者が出張して裁判所庁舎以外の場所で離婚調停を行うこともあると言えます。

離婚調停に挑むときのポイント

何らかのトラブルや性格が合わないなどの理由で、離婚を選択する人も増えてきています。とは言えどちらか片方だけが離婚を望んでいる場合には、離婚調停を行うことにもなります。また慰謝料などを請求する場合にも、離婚調停は必要です。きちんと第三者を間に置いて話し合うことによって、条件などを決められるので利用する人も多いのです。
円満離婚であったとしても、子どもの問題や養育費などいろいろなことをルール化する必要があります。当人同士だけで決めておいても、特にルールにはならないため家庭裁判所に申し立てを行うようにするのもひとつの方法です。弁護士を立てずに離婚調停を行うこともできますが、必要に応じてアドバイスをもらうこともできます。特に相手が離婚に応じてくれないときや、慰謝料などお金のことで問題が起こっている場合には弁護士に頼った方が適切な処理をすることができるでしょう。
離婚調停を行うことによって、相手側の言い分や自分の言い分が客観的に判断されることにもなるためルールが決まったときも納得が行きやすいのが特徴です。自分たちだけで揉めているよりも、問題なく離婚ができるようになるため本格的に離婚に踏み切りたい場合に適しています。

MENU

2017/08/24
離婚調停への参加は強制ではないを更新しました。
2017/08/24
弁護士は実績で判断を更新しました。
2017/08/24
調停委員にはなるべく好印象を持ってもらおうを更新しました。
2017/08/24
離婚調停には入念な準備をすることを更新しました。